今月の特集

8月『分福茶釜とつつじのまち 館林市』開催について

イベント 8月テーマ『分福茶釜とつつじのまち 館林市』


8月1日(木)から31日(日)まで『分福茶釜とつつじのまち 館林市』の観光案内の展示を開催いたします。

「鶴舞う形」とたとえられる群馬県の東南部に位置する館林市は、ちょうど鶴の頭の部分に当たり東京に近く、
水天宮前駅からも約1時間半でアクセスできることから、日帰りでも楽しめる観光地としても多くの方が訪れます。

三つの沼をテーマにした【里沼(SATO-NUMA)‐「祈り」「実り」「守り」の沼が磨き上げた館林の沼辺文化‐】が、
令和元年度文化庁「日本遺産」に認定され、現在、その沼の一つである「城沼」では、夏の風物詩である「夏の城沼花ハスまつり」が開催されています。
夏限定の城沼クルーズが愉しめるので、夏休みのお出かけにお勧めのスポットです。
花ハス沼以外にも、世界にほこる日本一のツツジの名園と言われているつつじが岡公園や、童話・文福茶釜の舞台である茂林寺など、
大人から子供まで満喫出来るおすすめの観光スポットがたくさんあります。
今月は、そんな館林市の魅力を皆様にご紹介します。

8月17日(土)、18日(日)の2日間は、館林市の観光イベントを開催いたします。
縁日をテーマにお子さまから大人まで楽しめるイベントを実施いたしますので、
是非、皆様足をお運びくださいませ。
皆様のご来場をお待ちしております。

▼詳細はこちら ▼

Share
  • Facebook
  • Twitter